就活時でもOK!女子に人気の黒髪ヘアー

清潔感のあるヘアスタイル

就活生は清潔感のある身だしなみを心がけることが大切です。
どんな職種であっても第一印象が良くなければ良い結果が生まれません。

特に悩むのは女性のヘアスタイルで、今までは特に何も気にせず自由なヘアスタイルをしていた方も、就活に相応しい黒髪ヘアーにしたいと考える方も多いです。

ここでは就活時でもOKという、女子に人気の黒髪ヘアーをご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

個性的な髪型はNG?

就活では他のライバルとは違った個性的なヘアスタイルにした方が有利になると考えている方も多いですが、決してそんなことはありません。

むしろ個性的過ぎる方が逆に目立ってしまい、悪い印象を与える可能性が高いです。
他の人も清潔感のあるヘアスタイルを心がけているため、あえてあなたが個性を主張する必要はありません。

見た目で勝負をするのではなく、あくまでも社会人としてしっかり仕事に従事できる力を認めてもらうことが大切です。

耳はしっかり出すべき!

人によって髪の毛の長さが異なるものですが、どの長さでも耳はしっかり出すようにした方が印象も良くなります。
髪の毛で顔を隠すようなヘアスタイルにしていると印象が悪くなるため、できるだけ耳を出すヘアスタイルにしてください。

髪の毛が長い方は耳ぐらいの高さで髪の毛を一つにまとめることをおすすめします。
ショートやミディアムの長さではまとめることが難しいため、髪の毛を耳にかけるようにすると良いでしょう。

髪の毛を一つにまとめるだけでなく、ハーフアップにする方法もおすすめです。
表情を明るく見せる効果を発揮するので、ミディアム程度の長さがあれば挑戦できるヘアスタイルになります。

この場合はあまり高い位置で束ねてしまうとツリ目になってしまうので注意してください。

前髪はない方が良い?

しっかり顔を見せるためにも、前髪は下ろしていない方が良いとされています。
できるだけ横に流すようにするか、分けるようにしておでこが見えるようにした方が好印象を与えます。

前髪が多いとどうしても暗い印象を与えてしまうため、明るい表情を見せるためにも前髪の形にも配慮してください。

面接の際には必ずお辞儀をしますが、この時に目にかからない長さに調整してください。
そのたびに手直ししている様子はとても格好悪く見えます。

パーマはNG?

就活生の女性を確認してみると、ほとんどの人がストレートヘアにしていて、パーマヘアの人はあまり見かけません。

余程がっちりとしたパーマではない限りはNGとされていませんが、あえてパーマをかけて就活に臨もうとするのはあまり好ましくないとされています。

自然な清潔感のあるサラサラのストレートヘアが基本になります。

バイト先で好きな人ができた時のアプローチ法

一緒に過ごしている時間を活用しましょう

大学生は勉強と両立させながらアルバイトをしている方も多いですが、バイト先で一緒に仕事をしている人が好きになったというケースも珍しくありません。

仕事を通じて知り合ったということもあり、失敗するとギクシャクして仕事に支障が出そうと思うとなかなか行動に移しにくいものです。

確実に相手の気持ちを振り向かせるためにも、良いアプローチの仕方を実践したいものです。
バイト先で好きな人ができた時のアプローチ法としておすすめの方法をいくつかご紹介します。

とにかく話をする

仕事中に関係のない話ばかりしていては、相手にとっても迷惑ですし同じ仕事をしている職場の人達にも迷惑をかけてしまいます。

無駄話は避けるべきですが、仕事中なら仕事に関係する話を積極的にしてください。
仕事の内容でわからないところがあれば積極的に質問をしたり、周囲に気を配りながらも好きな相手にもしっかり気配りをして話しかけることができると良いでしょう。

この人は仕事ができる人だなと感じてもらえると好印象を与えられます。

仕事中でも休憩時間なら仕事とは関係のない話をしても構いません。
同じ休憩時間にぶつかったら、積極的にプライベートな会話を楽しんでも良いでしょう。

プライベートな話をする際には、相手に迷惑がられない内容に配慮してください。
あからさまに嫌がられる話をすると明らかに印象が悪くなります。

このように会話をするきっかけを作ることで、あなたの印象を強く残すことができます。
悪い印象を残さないように会話の内容に注意することが大切です。

二人になれる時間を大事に

休憩時間でたまたま二人きりになれると大チャンスですが、たくさんの人が勤務している職場ではなかなか良いチャンスが巡ってこないものです。

二人きりになれるチャンスと言えば、バイトが終わって帰宅する時間帯です。
たまたま相手と同じ時間に帰宅できるなら、積極的に一緒に帰るように誘ってみましょう。

この時注意したいのが、相手の帰りを待ち伏せしないことです。
偶然同じ時間になったから一緒に帰ろうと誘うのは自然な流れですが、明らかにあなたが早く終わったのに何時間も待っていて一緒に帰ろうと誘うと相手も警戒するでしょう。

あからさまに二人きりになろうとするのは避けてください。

飲み会は積極的に参加を!

バイト先の仲間同士で飲み会を開く機会もあるはずです。
他にも仲間がいたとしても意中の人と仲良くなれる大チャンスです。

できるだけ好きな人の近くに座れるようにして、会話をするきっかけを掴んでください。
周囲の人と話が盛り上がる中で、バイト中では知らなかった魅力を再発見できるかもしれません。

楽しい時間を共有しながら、次回は二人きりで食事を…と誘うチャンスを伺いましょう。

大学生必見!好きな人にアピールする方法~校内編~

どんなチャンスも逃さない!

大学生になると勉強だけでなく恋愛も楽しみたい!という方も多いです。
限られた大学生生活を楽しむためにも、ステキな恋人を作りたいものです。

同じ大学に通っている人で気になる相手がいるなら、積極的にチャンスを活かしてアピールしたいものですが、どうアピールしたら良いものかわからないという方も多いようです。

大学生におすすめの同じ学校内の好きな人にアピールする方法をいくつかご紹介します。

さりげなく接触する

気になる相手がいる場合、遠くから眺めているだけではいつまで経っても恋が叶うことはありません。
受け身の体制ではなく、積極的に接触するように頑張ることが大切です。

接触すると言っても、直接相手の体に触れるという意味ではなく、会話をしたり顔を合わせるだけでも構いません。
接触の頻度が多くなるほど、いつの間にか良い印象を受けて親密な関係に発展できる可能性が高くなるものです。

例えば廊下ですれ違った時などに挨拶を交わす、同じ授業を受ける、学食で同じ席に座って会話を楽しむなど色々な方法があります。

注意しなければいけないのは、本当は友達と会話を楽しみたいのにあなたが割って入ってしまうことで邪魔だなと感じられることです。

相手の迷惑をよく考えながら、自分勝手な行動は慎むように注意して接触する機会を増やしてください。

さりげなく気持ちを伝える

いきなり「あなたが好きです!」と告白をしても、余程のことがない限りはうまくいきません。
逆に引かれてしまって、今後の付き合い方もぎくしゃくする可能性が高いです。

何となく自分に好意を持ってくれているのかな?と感じられるような気持ちの伝え方なら相手も何となく察してくれるでしょう。

例えば相手のことを「本当に優しいよね」とほめてみたり、「一緒にいると楽しい!」とさりげなく言ってみましょう。
話が盛り上がった時にこのような言葉を伝えると不自然ではないため率直な気持ちとして受け取ってもらうことができます。

あくまでも不自然な伝え方ではなく、自然に伝わる言い方にするのが大切です。

困ったことを相談してみる

相手のことを信頼していなければなかなか相談をもちかけることができないものです。
自分はあなたのことを信頼しているという気持ちを間接的に伝えるためにも有効なのが、相談に乗ってもらうことです。

ある程度は仲良くなっていないと使えない方法ですが、何かと相談に乗ってもらっているうちに少しずつこちらの気持ちを悟ってくれると期待できます。

本当に深刻な悩みではなくても、小さな相談内容でも構いません。
話を聞いてもらっているうちに相手の良さを再発見できますし、相手もあなたの事について真剣に考えているうちに恋愛感情を抱いてくれるかもしれません。

希望の業界が決まったら説明会に参加しよう!

就職のチャンスがたくさんあります!

どんな仕事に就きたいのか決まったとか、希望の業界が決まったら説明会に参加してみることをおすすめします。
合同説明会、合説などとも呼ばれている複数の会社が参加している説明会に参加する機会を増やすことで様々なメリットを得ることができます。

少しでも就活を有利にするためにも、積極的に行動することが大切です。
ここでは説明会に参加する際に注意しておきたい内容をいくつかご紹介します。

参考:合説入門!

合同説明会とは?

全国の主要都市、地方でも開催されている合同説明会にはいくつかの会社が参加しています。
規模が大きな合同説明会になると、数百もの会社が一同に会して説明会を行います。

基本的にはどの説明会でも入場無料で、あらかじめ予約を入れておく必要もありません。
スムーズに説明会へ参加したい場合には、事前に混み合う時間帯を確認しておくと当日も慌てることなく参加できるはずです。

合同説明会に参加するといくつかの会社の人事担当者から詳しい話を聞くことができます。
疑問に感じていることなどがあれば遠慮なく質問をしてください。

むしろ、積極的に質問をしているほど強い印象が残って就職試験の際にも良い結果が出る可能性もあります。

説明を聞く場合

説明会で気になる会社が見つかった場合には、説明を聞きながら質問をしてください。
担当者が説明をしている最中に話を遮ってまで自分の勝手なタイミングで質問をして回答を優先させようとするのは大間違いです。

担当者の説明が最優先で、その後に質疑応答の時間もきちんと設けられているのでご安心ください。

説明を一通り聞き、質疑応答も終われば基本的にこの時点で説明会は終わったようなものですが、エントリーの有無や面接への進み方など具体的な指示があるはずです。

しっかり納得の出来る説明を受けて、ぜひこの会社を志望したいという気持ちが固まっていれば、積極的に応募してみましょう。

説明を聞いたけどやはり魅力を感じないという場合には、遠慮無くお断りをしても良いです。

お断りをする場合には「自分のやりたかった仕事とは異なるように感じました。とても勉強させてもらい、感謝しています。」という一言を添えるようにすると問題ないでしょう。

人気のある会社にはたくさんの就活生が説明を聞きに訪れていますが、あまり就活生がいない会社も存在しています。
一見すると人気のある会社の方が有利になるのでは?と感じられますが、就活生のいない方がゆっくりとお話を聞けるでしょう。

よく話を聞いてみると、自分が挑戦してみたかった仕事内容だったのでラッキーだったとの意見や、インターネット上の口コミでは見えてこなかった会社の裏側を知ることができる場合もあります。

就活時のメールのマナー

手軽な連絡ツールでも正しいマナーを

就活中には志望している会社と連絡を取り合う機会が多くなります。
まだ書類選考や面接試験も受けていない状況なのに、連絡を取り合っている段階で印象を悪くする可能性を秘めているのがメールです。

メールは手軽に連絡を取り合えるツールという反面で、普段から活用しているからこそ日頃のボロが出やすいものです。
就活時のメールのマナーをきちんと守らなければ、どんなに学校の成績が良くても採用を得るチャンスを逃してしまうかもしれません。

友達にメールを送るような感覚でメールを書くのは絶対にNGです。
あらためて、正しいメールの書き方を確認しておきましょう。

参考:10分で書ける!就活時のメールの書き方と返信のテンプレ

メールの構成について

就活時のメールは一般的なビジネスメールの体裁をきちんと守ることが大切です。
ビジネスメールは正しい構成を心がけなければいけないため、いきなり本題だけを記載して送信するのはもってのほかです。

大まかな構成としては、件名と宛名、挨拶文、本文、署名という流れになります。
件名は、何のメールなのかひと目でわかるように記載するメールのタイトルになります。

あまり長々と記載する必要はありませんが、短すぎても内容が伝わりにくくなります。
調度良い長さの件名になるように心がけてください。

宛名については送る相手の名前だけでなく、会社名と所属している部署も記載することが基本です。
一人ひとりにメールアドレスが割り当てられている会社がほとんどですが、中には一つのアドレスを社員で共有している場合もあります。

メールを開封して確認してもらいたい人の担当者名をきちんと記載することが大切です。

いきなり本題に入るのも失礼なので、まずは挨拶と自己紹介をします。
特に初めてメールのやり取りをする場合には必ず自己紹介をするように心がけてください。

その後本題に入りますが、最後には必ず結びの言葉として「何卒よろしくお願いします」「今後共よろしくお願いします」などを入れてください。

そしてメールの最後には署名を入れますが、個人名だけでなく大学名や電話番号、メールアドレスも記載してください。

注意が必要な点

メールは読みやすさを重視して書くことが大切です。
一文が長々と続くほど読みにくさを感じるため、適度な長さで改行をしてください。
調度良い改行のタイミングとしては、30文字程度を目安にしましょう。

先方からメールが送信されてきたら、できるだけ早く返信することが大切です。
返信が遅くなるほどルーズな性格だと判断されて、仕事ができない人なのではないかとレッテルを貼られてしまいます。

メールに気付いたら最低でも5分から10分以内には返信できるように準備しておきましょう。
このようなほんの少しの気配りが、良い印象を与えるカギになるのです。

あなたはちゃんとできている?履歴書の正しい書き方

あなたの第一印象を決める書類

就活では必ずと言っても良いほど履歴書の作成を行います。
履歴書をただの書類、紙切れだと侮ってはいけません!

確かに単なる書類かもしれませんが、志望している会社の人事担当者は履歴書に記載されている内容を確認した結果、次のステップとして面接に進むことができる人を絞り込んでいきます。

つまり、履歴書を提出した時点で選考が始まってしまうのです。

果たしてあなたはちゃんとできているでしょうか?
履歴書の正しい書き方を実践し、間違いなく好印象を与えることができるようにしたいものです。

参考:履歴書の書き方マニュアル決定版!履歴書の作成方法・見本

手書きとパソコンどちらにする?

昔は履歴書を手書きで記載するのが一般的でした。
あまりにも字が汚い人はキレイな文字で書くことに苦労するかもしれませんが、最近はパソコンで履歴書を作成する方も増えています。

パソコンで作成した履歴書は誰が見てもわかりやすいため好まれる傾向もありますが、あえて手書きにこだわっている会社も多いです。

どうしても手書きでなければいけない場合には、一生懸命丁寧な文字で記載するように心がけてください。
手書きの場合は黒のボールペンを使用するか、万年筆を使用してください。

万が一書き損じた場合は修正ペンなどを使用するのではなく、もう一度最初から新しい用紙に記入しましょう。
手書きとパソコンに限らず、誤字や脱字があっては悪い印象を与えてしまうので十分注意して何度も校正し直してください。

履歴書の書き方でよくある質問

履歴書には様々な項目が存在しており、それぞれに適した内容を記載しなければいけません。
学歴欄は一般的に中学校を卒業した時から高校の入学と卒業、大学の入学、在学中までを書いてください。

学歴欄の下には職歴を記載しますが、アルバイト経験がある方は職歴欄に記載するべきかと迷うものです。
社会人経験があり、大学生になって再度就活をしているという方は職歴欄に記載しても良いですが、新卒の方でアルバイト経験しかないという場合には特に記載しなくても良いでしょう。

ただし、履歴書の他に職務経歴書を添付するように指示されている場合には、職務経歴書にアルバイト経験を記載して自己PRをしてください。

免許や資格を記載する欄には、あなたが取得している免許や資格を記載しますが、志望している会社の仕事に全く関係がないような資格についてはPRしてもあまり意味がありません。

関連性の高い資格でも勉強中という場合には、取得予定であることを記載しておくと良いPRになります。
最も迷うのが自己PR欄ですが、あなたが会社の求めている人材として相応しいことを知ってもらえるようにPRすることが大切です。

これまでの経験を活かし、会社のためにプラスになる人間であることをわかってもらえるPRを心がけてください。

スーツの着こなし方講座~男性編~

好印象を与えることに集中を

就活生に相応しい身だしなみを実現させるためには、正しいスーツの着こなし方を実践するべきです。
よくリクルートスーツは誰も同じように見えてしまうので個性がないと言われていますが、だからと言って個性を出そうと頑張りすぎる必要はありません。

誰もが清潔感のあるキチッとしたスーツスタイルで就活に臨んでいるので、その中でも好印象を与えることに集中することが大切です。

男性におすすめしたい、スーツの着こなし方講座をご紹介します。

ジャケットの着こなし

スーツのジャケットを着用する際にボタンを全て締めているという方も多いですが、実は一番下だけは締めないのが正解です。

全部締めていた方が正しい着こなしなのではないか?開けていた方がだらしなく見えるのではないか?と感じる方も多いですが、一番下のボタンは飾りボタンと呼ばれていて開けておくのが正しい着こなしなのです。

このボタンを締めたままでは、椅子に腰掛けた時ジャケットがシワシワになってしまいます。
そのため一番下のボタンについてはきちんと締めないのが正しいマナーとされているのです。

ちなみに、2つボタンは一番上を締めますが、3つボタンの場合は真ん中だけを締めることになります。

ジャケットのサイズにも注意が必要です。
大きすぎても、小さすぎても格好悪く見えるため、調度良いサイズに調整することをおすすめします。

着丈はお尻が隠れる程度の長さに調整しますが、袖丈はどのくらいが調度良いのかわかりにくいものです。
ジャケットの中に着ているシャツがだいたい1センチ5ミリ位を目安に見えるくらいが調度良いです。

ジャケットのポケットには何も入れておかないようにしてください。
緊張しそうなのでポケットにハンカチを忍ばせておきたいという場合に取り出しやすいジャケットのポケットを使うのはNGです。

正しいのは持参しているかばんに入れておくことです。
ジャケットのポケットは飾り、デザインの一部として考えるようにしてください。

参考:ビジネスでスーツを着る際のハンカチのマナー

見えない部分にも気遣いを

スーツの着こなしだけに注目した結果、見落としてしまう部分もあるため注意が必要です。
まず注意したいのがソックスで、面接時にはかなり目立ってしまう部分になります。

面接時に椅子に座るとソックスがズボンの裾から見えやすくなります。
この時に足首までのソックスや、白い靴下などを履いているとかなり目立って不格好に見えます。
パンツや靴の色に合わせることが大切です。

もう一つ注意したいのがベルトです。
どうせスーツのジャケットを着用したままだから、ベルトの色やデザインは見えないからどうでも良いと考えるのは大きな間違いです。

ベルトもソックスと同様でシューズに色を合わせるようにすると良いでしょう。

スーツの着こなし方講座~女性編~

女性らしさを忘れずに!

就活の際にはスーツをしっかり着こなすことが必須とされていますが、大学生にとってはあまり着慣れていないため正しい着こなし方ができていない人が多いと言われています。

実際に就職をした時に着用するスーツと、就活の際に着用するスーツは若干違いがあります。
本格的な就活を迎える前に知っておきたい、女性の正しいスーツの着こなし方講座をご紹介します。

参考:これだけ読めば失敗しない!就活のリクルートスーツの着こなし方

スカートとパンツの選択肢

女性の場合はスカートとパンツ、どちらのスーツを選択するべきかと迷うものです。
以前はスカートを選択するのが良いと言われていましたが、現在ではどちらとも言えないとされています。

昔のように働く女性が少なかった時代には、女性らしさを表現できるスカートのスーツを着用している方が圧倒的に多かったです。

しかし、最近ではスカートでは動きにくいとしてパンツスタイルのスーツを選ぶ女性も増えています。

スカートとパンツのどちらかで迷った場合には、志望している会社の雰囲気に合わせてみましょう。
スカートの場合は女性らしさを表現でき、真面目な印象を感じさせてくれるため、事務系の職種を希望する際におすすめです。

パンツの場合は動きやすくて颯爽とした女性を表現できるため、営業系の職種を希望している場合におすすめします。

目立つ必要はありません!

ライバルも就活を頑張っている中で、人よりも強い印象を残したいという意図なのか奇抜な格好で就活に臨む人もいます。
特にファッション関連の就職先を検討している方によく見受けられますが、あくまでも就活をしていることを忘れてはいけません。

基本的には他の職種と同じように濃紺または黒などのリクルートスーツを選択することになります。

他にも普段はどんな服を着用しても良いとしている自由な社風の会社を志望している場合です。
実際に勤務している人達の服装を確認してみると、スーツを着用して仕事をしているのはごく一部で、他の人は自分の好きな服装をしているから自分も就活の時にはスーツを着崩しても良いのではないかと考える方もいます。

この場合も同様で、これから社会人になるにあたって一般常識として就活に相応しい服装をしていなければ印象はかなり悪くなります。
あえて目立とうとせずに、ごく普通のリクルートスーツを着用するように心がけましょう。

清潔感を意識しましょう

一番考えなければいけないのは、面接官に清潔感のある人物だと印象付けることです。
スーツの着こなしだけでなく、ヘアスタイルやメイクにも注意してください。

髪の毛が長い場合はきちんとまとめる、ヘアカラーは黒にしておく、ナチュラルメイクを心がけるなどを守ってください。
ネイルも就活中は避けるか、目立たない色に変えましょう。