奨学金とは

奨学金とは?

奨学金は進学に必要な学費や生活費を支援してくれる制度です。この奨学金を大まかに分類すると返還義務が生じる貸与型と返還義務のない給付型があり、さらに細かく分類すると、以下の4種類分けることができます。

  • 日本学生支援機構(旧日本育英会)
  • 無為利息と利息付の2種類があります。どちらも返還の必要があり、奨学金利用者の中で利用者が最も多いのが特徴です。一定の学力要件をみたすと、給付型奨学金制度の対象となります。

  • 大学独自奨学金制度
  • その名の通り、大学が独自に設けている奨学金制度です。基本2年次以降の貸与となり、成績で優秀な成績を収めると対象になる優待生制度も導入しています。

  • 地方自治体奨学金制度
  • 市や町などの地方自治体が設置している奨学金制度です。保護者が自治体に居住していることが利用の主な条件となっていますが、日本学生支援機構との併用はできないケースがほとんどです。

  • その他民間団体奨学金制度
  • 育英会、新聞奨学生制度、新聞社から無利子、返済不要の奨学生制度を導入しています。民間団体である「あしなが育英会」「交通遺児育英会」は。保護者を事故で失ったり、負傷したりした場合に対象となる奨学金制度です。

返還義務の無い奨学金もあるの?

これらの奨学金の中には、返還義務のない「給付型奨学金」と呼ばれるものも存在します。入学費を大きく節約できるうえ、返還する必要もないため、奨学金を利用する大学生にとってはとてもありがたい存在でしょう。

ただし、そのメリットゆえに給付型奨学金の人気はとても高く、成績優秀、品行方正、健康状態良好などの条件が付けられているケースが大半です。詳しい給付型奨学金の利用条件や、具体的な支給額については、以下のリンクを参考にしてください。

返還不要の給付型奨学金とは? – かしこく利用する!奨学金ガイド|進路ナビ

給付額・申込み方法

奨学金の申込み方法は、基本的に在籍している学校を通じて申込みをします。多くの大学生が奨学金制度を利用している日本学生支援機構の場合、在学している高校で奨学金の申込みをします。奨学金をすぐに受け取りたいと考えている人は「予約採用」をすると良いでしょう。大学在学後に奨学金を申し込む「在学採用」は大学入学直後に募集があります。

奨学金制度には申請、面接が必要な場合などさまざまな経路を経て、承認されます。日本学生支援機構、地方自治体奨学金制度、大学独自奨学金制度それぞれで給付額や申込み方法が異なります。

繰り返しますが、奨学金制度は貸与型であれ、給付型であれ、あなたが目指している志望校に行くために必要なです。奨学金の種類や申込み方法、現在できる最善の選択をして学生ライフを楽しんでください。